男性ホルモン減らす

男性ホルモン減らすと?どうなる?

「男性ホルモンを減らすと内臓脂肪も減るか?」ということですが、
この解釈は残念ながら間違っています。

 

 

これでは、「男性ホルモンを減らすと内臓脂肪が増える」という、
逆の現象が身体の中で起きてしまいます。
端的に考えて行動してしまうと真逆の結果になってしまうので注意してくださいね。

 

 

確かに、男性に内臓脂肪が溜まりやすいのは、
男性ホルモンのせいだといわれています。

 

 

それは、男性らしいがっしりとした体型を作るために、
ある程度の内臓脂肪が必要だからです。

 

男性でたらしめるた為に必要な栄養を蓄積するのが目的であることも関係しています。
つまり、溜め過ぎなければ大切な脂肪であるという事なんです。

 

 

しかし、逆に男性ホルモンが減ってしまうと、
筋肉が減少し、その分内臓脂肪が溜まりやすくなります。

 

この状態が、巷で話題の「メタボリックシンドローム」の状態です。

 

 

男性が太ると妙に中性的に見えたりしませんか?

 

個人的には、この男性ホルモンの減少が
見た目にも表れているのかなぁ、などと思ってしまいます。

 

 

 

男性ホルモンを増やし、内臓脂肪を減らすためには、
やはり生活習慣を変えるのが効果的だと思います。

 

 

男性ホルモンの分泌に必要な「必須アミノ酸」が含まれた食品を、
毎日の食事に積極的に取り入れたり、
適度な運動をしたりと、できることはたくさんあります。

 

 

また、異性に対してドキドキしてみたり、ドラマや映画を観て感動したりといったことも、
男性ホルモンの分泌を促すのには効果的ですから、試してみて下さい。

スポンサード リンク