下肢閉塞性動脈硬化症

下肢閉塞性動脈硬化症について

下肢閉塞性動脈硬化症とは、
ふくらはぎや太ももなどの下半身の動脈硬化の症状のことを言います。

 

 

発症しやすい人は、
50代以降の男性に多く下半身の動脈に詰まりができ、
細胞が壊死したり痛みや潰瘍の症状が現れます。

 

 

この病気の症状の発症原因として、

  • 高脂血症
  • 高血糖
  • 高血圧
などが挙げられます。

 

 

太っていないから安心ではなく、
痩せているように見えても内臓脂肪が多い人は特に要注意です。

 

内臓脂肪が多いと言われたら、その解消に努めた方がいいです。

 

 

この下肢閉塞性動脈硬化症は、
発症した場合全身にも及ぶ可能性があります。
下半身の痛みが心臓病のシグナルになることもあります。

 

 

動脈硬化は死につながる危険があります。

 

内臓脂肪型肥満、
よくメタボリック・シンドロームと聞きますがこれです。

 

 

自覚症状として脚のしびれや冷えを感じたら
早めに医師に相談してみましょう。

 

ストレスを抱えていると感じている人やタバコを吸う人や運動不足の人も同じです。

 

 

下肢閉塞性動脈硬化症は最終段階まで進行してしまうと、
歩行困難や痛み以外に下股に酸素が行き渡らず、壊死してしまい、
この段階まで進行すると治療が困難になってしまいます。

 

最悪の場合、合併症による死亡の危険性も高まります。

 

 

診察をしてもらうなら心臓血管外科が一番良いですが、
お近くになければ循環器内科をおすすめします。

 

長期にわたり薬物療法を続けない為にも、
少しでも思い当たる節があれば、軽視せずに早めに病院へ行きましょう。

スポンサード リンク