胆石原因

胆石原因について

ハンバーガーやステーキなどこってりした食事はお好きですか?

 

最近の欧米化の食生活が影響し、
低蛋白で高脂肪な食事が増えたために
胆石原因になってしまうことが増えてきました。

 

 

胆石になってしまう人の多くは肥満の人です。

 

肥満と言っても、見かけは太っているように見えない人でも、
内臓脂肪型肥満という外見では判断できない肥満の人もいるのです。

 

 

実は、内臓脂肪型の肥満の人は、
エコー検査や血液検査をしないと分からないのです。

 

そういうこともあって、
胆石原因が肥満と診断されてもいまいちしっくりこない人もいるのです。

 

 

肥満の人は、
コレステロールの代謝が悪くなるので胆石ができやすいです。

 

 

現代の胆石は70%以上がコレステロールが主成分による胆石だそうです。
胆石原因で内臓脂肪が影響してくるので、
まずは肥満にならないことが重要になってきます。

 

肥満にならないためには、適度な運動を行い、
動物性脂肪を摂取しすぎないことに心がけることです。

 

 

規則正しい食生活をすることで、
健康にもなり胆石原因の肥満を回避することができるのです。

 

 

青魚に含まれるEPAはコレステロールの吸収を妨げてくれます。
そして、極端なダイエットは避けてください。

 

極端に食事制限をするこてで、
胆汁が分泌がうまくいかないので、胆石になりやすくなります。

 

 

その他にも内臓脂肪が増え続けると
糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞になりかねません。

 

 

歩いたりする有酸素運動を一日に20分間〜30分間できればベストです。
そして、ストレスの少ない生活を送るようにしましょう。

スポンサード リンク